技術計算

解析応力の改良結果

下記のような改良を行って再度、解析しましたが、100倍の繰り返しに耐えるようになりました。
これは手計算ではできません。

94-1 94-2

繰り返し応力

某企業の自動倉庫のクレーンにクラックが発生しました。
繰り返し応力によりミーゼス解析を行い、原因と解明を実施しました。

93-1 93-2 93-3

古い架構の耐震計算

古い工場は、基礎ボルトもないことや、架台そのものが腐食しています。
それらを考慮して、耐震設計の解析を試みました。

92-1 92-2 92-3

有限要素法の計算

内部圧力や繰り返し応力、熱による応力など、複雑な応力解析を有限要素法で計算して、
問題点を事前にチェックできます。

有限要素法の計算 有限要素法の計算 有限要素法の計算

タワーの耐震計算

蒸留塔などのタワー類に下部のスカート、ベースプレート、基礎ボルトなどをSS400を使用していますと長年の外部腐食によって板厚が薄くなってきています。
径1.5m、高さ15mの耐震計算をモード解析によって行いました。(下記画像をクリックすると各PDFファイルが開きます。)

40-01 40-02
 

配管の熱応力計算

高温の配管は熱応力を生じます。
配管図は単に配管を作図することではなくて、熱応力を吸収するような、配管設計をしなくてはなりません。
そのための裏付けとして配管の熱応力計算を行う必要があります。
下記PDFは某企業で問題となった、配管の熱応力を計算して採用された物件です。蒸気配管の熱応力計算のアウトプットです。

ガスライン配管/配管熱応力計算 PDFファイル

19-1

タワーが危ない!

いま全国で稼動している化学プラントはほとんど30年前の設備です。
アンカーボルトが腐食していて耐震に持てるか否か検討しました。
もちろん耐震計算に基づいて行い、アンカーボルトの入れ替えだけで済みました。

16-1 16-2 16-3

イープランの設計力

二次元CADはもちろんのこと、三次元配管CAD,メカトロの三次元機械設計、熱交換器の化工計算など、
基本計画から実施設計、製作、品質保証まで一貫して行っております。

6-1 6-2