爆発圧着

多層クラッド板

アルミ+CU+SUS+CU+アルミの多層クラッドが完成しました。
赤い部分がCUです。
真空装置の継ぎ手に使えます。

88-1 88-2 88-3

SUSとアルミ爆着品のせん断試験

SUSとアルミニウムを直接爆着したものをせん断破壊試験を行いました。
3番目の写真はSUSにアルミニウムが金属間化合物のように完全に接合しているものです。

87-1 87-2 87-3

新爆着板の製作

ステンレス+銅+ステンレスの3層爆着板、銅+アルミ、アルミ+ステンレスの2層爆着板を製作しました。

85-1 85-2 85-3

銅とSUSの爆着板が世界を回る

銅とステンレスの爆着板を製作しました。
サイズは1800mm*2500Lの大きさです。爆着面の界面は波状波となって金属間化合物が出来ます。
これは、リニアモーターなどの超電導モーターなどに利用され、従来のモーターの小型化と消費電力の低減につながっています。
水素運搬船などへの適用など爆着はおおきな役目を果たしています。これは下記PDFの神戸新聞に掲載されました!!

神戸新聞記事 PDFファイル

86-1  86-2 86-3

SUS+CU+SUS3層クラッド完成

SUS+銅+SUSの3層爆着クラッドが完成しました。
仕上げ加工はいまからですが、超音波テストは100%OKです。

82-1 82-2

リニアモーターカー用の爆着板

リニアモーターカー用の爆着板が完成しました。
銅が3mm、SUSが12mm、幅3m-長さ4mの爆着板の薄くて大幅の爆着板です。
こんなにおおきくても、超音波探傷試験で100%合格でした。
左の写真は銅、右はSUSを写しています。

80-1 80-2

爆着の噴煙

金属の爆着は火薬を使用いたしますので可能な限り民家から離れたところで行います。
ものすごい噴煙は写真でわかりますように爆弾が落ちたような噴煙です。
真冬で行う作業は大変ですが、楽しみの一つに冬眠で眠っていた蛇が驚いて飛び出たところを捕まえ、料理にします。

ミニCCJ+LNG用CCJ+三次元CCJ

ミニCCJの完成!A5083+A1100+Ti+Ni+SUSの5層爆着クラッド(BAクラッド)のミニです。
界面の金属間化合物もなんのその、異種金属の加工を機械加工粗さ1.6以内に仕上がりました。写真左側です。
次に中央の写真はA5083+A1100+Ti+Ni+SUSの5層爆着クラッド(BAクラッド)の液化天然ガス用に使用するCCJの完成品です。LNGプラントの継ぎ手として世界中に輸出されています。
一番右の写真は4層クラッド品を三次元加工した現物です。ドイツの光加速器に使用されます。

弊社は三次元CAD設計・三次元加工、PT検査、真空テスト、粗さ検査、本製品のステンレス、アルミニウムの溶接、X線検査などを一貫して品質保証いたしております。
海外輸送梱包も手がけております。
歌人牧水のふるさと、宮崎県の延岡市のちいさな会社ですが、世界一の製品創りを目指して日夜奮闘しております。

73-1 73-2 73-3

耐圧テスト

5層爆着品のクラッドの耐圧試験の準備です。
近所の人にはテスト時は一時避難をしていただきました。

67-1