製品情報

アルカリ水電解のユニット

量産化になれば、電解面積は1m2、電流密度は60A/dm2、対間電圧は2,5V以下、
締め付け装置は油圧プレス方式、1ユニットの対数は、50セル程度のものを考えています。イメージは画像の感じです。
 
 
アルカリ水電解のユニット アルカリ水電解のユニット アルカリ水電解のユニット

水素発生水電解ラボセル完成

電流密度:40A/dm2、電極面積:1dm2=100cm*100cm、電極間距離:2-3mm、対間電圧:2V以下、水溶液:25%苛性ソーダ、でのラボテスト機を製作しました。液の流れがよくわかります。

水素発生水電解ラボセル完成 水素発生水電解ラボセル完成 水素発生水電解ラボセル完成

水素製造装置が完成(郡山)

自然エネルギーにて水電解をし、水素製造装置が完成しました。                  
   
85-2 85-1

水素製造設備を製作

水素製造装置を郡山に納入しました。水電解槽は弊社が得意とするところです。
 
 
95-1 95-2

多層クラッド板

アルミ+CU+SUS+CU+アルミの多層クラッドが完成しました。
赤い部分がCUです。
真空装置の継ぎ手に使えます。

88-1 88-2 88-3

新爆着板の製作

ステンレス+銅+ステンレスの3層爆着板、銅+アルミ、アルミ+ステンレスの2層爆着板を製作しました。

85-1 85-2 85-3

銅とSUSの爆着板が世界を回る

銅とステンレスの爆着板を製作しました。
サイズは1800mm*2500Lの大きさです。爆着面の界面は波状波となって金属間化合物が出来ます。
これは、リニアモーターなどの超電導モーターなどに利用され、従来のモーターの小型化と消費電力の低減につながっています。
水素運搬船などへの適用など爆着はおおきな役目を果たしています。これは下記PDFの神戸新聞に掲載されました!!

神戸新聞記事 PDFファイル

86-1  86-2 86-3

真空配管の継ぎ手、冷凍庫の継ぎ手

半導体関連や液晶製造機器は本体はアルミニウムでできています。
この真空度は1*10マイナス9乗を維持しなければならず、真空ポンプはステンレス配管が多く、
どうしてもアルミニウムとステンレスの継ぎ手が必要です。
Oリングを使ったフランジでは、漏洩量が多く、どうしても超真空に維持することが不可能です。
そこで本製品を使用すれば、耐圧は10Mpa以上、真空度は1*10マイナス9乗以上の真空度で漏洩はゼロです。

冷凍庫の冷却配管にも応用できます。

81-1 81-2

リニアモーターカー用の爆着板

リニアモーターカー用の爆着板が完成しました。
銅が3mm、SUSが12mm、幅3m-長さ4mの爆着板の薄くて大幅の爆着板です。
こんなにおおきくても、超音波探傷試験で100%合格でした。
左の写真は銅、右はSUSを写しています。

80-1 80-2